Meet the professor教授情報

会田 薫子(あいた かおるこ)先生

お名前 会田 薫子あいた かおるこ先生
ご所属 東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター 上廣講座
略歴

東京大学 大学院医学系研究科 健康科学専攻博士課程修了 博士(保健学)
ハーバード大学メディカル・スクール医療倫理プログラム フェロー(フルブライト留学)、東京大学グローバルCOE死生学の研究員等を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター上廣講座 特任准教授。

専門:臨床倫理学、臨床死生学、医療社会学
研究分野:エンドオブライフ・ケア、延命医療、高齢者医療とケア、脳死、臓器移植
アピールポイント
高齢者が人生の最終段階をできるだけ穏やかに本人らしく過ごすことが出来る社会の実現を目指して、医療社会学と臨床倫理学の立場から取り組んでいます
今回の“Meet the Professor”でお話しされたいこと
長寿時代に生きる意味を考え、その意味を支える医療とケアのあり方を模索しています。人生の物語りを豊かにするためには、死生学的な視点、つまり、生き終わりを見据えて生きることが大切であると認識し、この点に関して医療やケアのプロフェッショナルと協働することの醍醐味を共有したいと思っています。
趣味
ミュージカル鑑賞  クラシック音楽鑑賞 

- close -