Meet the professor教授情報

秋下 雅弘(あきした まさひろ)先生

お名前 秋下 雅弘あきした まさひろ先生
ご所属 東京大学医学部附属病院 老年病科
略歴

現職:東京大学大学院医学系研究科加齢医学(老年病学)教授、老年病科科長
1985年 東京大学医学部卒業、1994年 東京大学医学部老年病学教室助手
1996年 スタンフォード大学研究員、ハーバード大学研究員
2000年 杏林大学医学部高齢医学講師、2002年 同助教授
2004年 東京大学大学院医学系研究科加齢医学助教授、2013年7月 現職

(兼任)東京大学高齢社会総合研究機構副機構長、医学部附属病院副院長
アピールポイント
本学会副理事長(総務・行政担当)に昨年より就任しておりますが、大内前理事長のもと、各種幹事を長年務め、本学会の庶務全般に明るいことが特徴です。また、職場が都心でもあり、国内外の著名な先生、若手医師、学生など幅広く受け入れており、各種人事交流、見学の要望に対応可能です。老年医学の中では薬物療法と性差が得意分野です。
今回の“Meet the Professor”でお話しされたいこと
高齢者医療の現場も老年医学会も大きく変わりつつあります。本学会による各種指針や声明の発表に対するメディアや世間の注目度も飛躍的にアップし、他学会も本学会の動向を注視しています。このように老年医学会への期待が益々高まる中、若手会員の活躍の場は無限にあることを理解していただくよう、各自の希望を聞いて説明いたします。
趣味
水泳、ゴルフ、日常的運動(徒歩通勤、階段昇降など)、洋楽鑑賞

- close -